A型肝炎ワクチン

予防接種

A型肝炎について

A型肝炎とは

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項もお読みください。
A型肝炎(Aがたかんえん, Hepatitis A, HA)とは、A型肝炎ウイルス(HAV)が原因のウイルス性肝炎の一種である。
A型肝炎ウイルスはピコルナウイルス科ヘパトウイルス属に属するRNAウイルスである。

感染・経過
A型肝炎はA型肝炎ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類などを生で食べることにより感染する。基本はヒトからヒトへの感染であり、食物を介さずに、糞便に汚染された器具、手指等を経て感染することもある。近年は肛門性交による性感染症としても知られている。
感染力が強く集団発生することがある。また患者の発生報告には季節性があり、例年春先になると感染者数が増加するが、その理由は明らかではない。
日本では戦後生まれの世代(大凡60歳以下)ではA型肝炎に対する抗体(HA抗体)を持っていない者が多く、これらの人々がA型肝炎の流行地へ旅行することで感染するパターンが多い。
口から侵入したA型肝炎ウイルスは、消化管で吸収されて血流に乗り、肝臓へと到達する。肝臓でウイルスは増殖し胆汁中や血液中に放出される。ウイルスを含んだ胆汁は十二指腸へ排出されるが一部は腸管で再吸収され、残りは便中に排泄される。
潜伏期間は平均1ヶ月程度であり、やがて増殖したウイルスに対する免疫が働き始めHA抗体が作られるようになると免疫機構により肝細胞が攻撃され、A型肝炎の症状が出現する。肝炎の発症以前でも、感染者の糞便中にはA型肝炎ウイルスが排出されており、他人に感染させる原因となり得る。
A型肝炎の経過は慢性化することはほとんどなく急性肝炎の形をとり、ある時期を過ぎると治癒へ向かうことが多いが、稀に劇症肝炎や腎不全へと移行し重症化することがある。

症状
発熱、下痢、腹痛、嘔気・おう吐、黄疸、全身倦怠感などであり、初期には風邪と似た症状を呈することがある。
一般に小児では成人と比較して症状は軽度である。

診断
触診、腹部エコーでの肝臓の腫大
血液検査:肝機能検査、血清中のIgM型HA抗体、血清中のウイルス分析など。
便検査
治療
安静

予防
A型肝炎の流行地へ旅行する際には、あらかじめ医療機関でA型肝炎ワクチンの接種を行うことで、A型肝炎を予防することができる。
A型肝炎に限らず、各種の感染症を予防する観点から、海外では原則として水道水、生野菜、生の魚介類は避けた方が良い。

1.どんな病気?

1A型肝炎ウイルスが原因で肝臓に炎症を起こす病気です。
A型肝炎ウイルスに感染すると、2~6週間の潜伏期を経て、急性肝炎を発病します。熱っぽい、体がだるい、食欲がなくなるなどの症状が起こり、やがて黄疸が出てきます。大部分はA型肝炎ウイルスの存在する食べ物や水などを口から摂取することで感染します。
発病後1~3か月で完治し、慢性化することはありません。劇症肝炎になるケースもまれです。高齢者における感染では、重症になる場合があります。
しかし一度A型肝炎ウイルスに感染すると体内に抗体ができるため、二度と発病することはありません。

2.どうしてなるの?

A型肝炎ウイルスは、患者の糞便に混じったウイルスに汚染された食物や水が口から入ることによって感染します。衛生状態の悪い国を旅行中に感染するケースが多く、また日本では貝などの生ものを食べて感染した例が最近報告されています。

3.生活習慣改善アドバイス

A型肝炎ウイルスは熱に弱いため、充分に火の通った食物を摂り、生水を控えることで予防できます。とくに海外旅行でA型肝炎ウイルスの多発地帯へ行く場合は注意が必要です。日本では冬から春にかけてA型肝炎ウイルスが発生しやすい季節なので、とくに貝類などの生ものを避けるようにしましょう。

    <肝臓をいたわる生活のポイント>

  • 衛生状態の悪い海外の地域を旅行する際は、生水や氷、生の野菜や魚介類は口にしない
  • 食器は煮沸消毒をする
  • 手洗いの励行で感染防止を心がける

4.早期発見が鍵です!

発熱や体のだるさ、食欲不振などを感じたら急性肝炎の疑いがあるので、すみやかに受診するようにしましょう。一般にA型肝炎は慢性化することがなく、完治するものですが、重症化させないためには、早期発見・早期治療が大切です。

ご意見やご質問があればお気軽に連絡ください。

お支払方法